MENU

スマートフォンを利用する上で必ずといっていいほど必要になるのがネット環境。
ネット環境は主に携帯電話が提供する電波塔によって供給され、SIMカードを使うことでそれを利用することができます。
しかし通信量は高く、利用できる量もプランにもよりますが全体的にあまり多くないのでwifiを使うことでその量を節約するのが一般的です。

 

wifiとは無線LANの一種で、家庭用のwifiは光回線による有線の通信をルーターを利用して無線に変換して利用します。
有線を変換しているのでルーターを外に持ち出すことはできません。
その一方で、ポケットwifiと呼ばれるものは、SIMカードを用いた通信やwimaxをwifiとして利用できるルーターで、持ち運びが可能なことがとても便利です。

 

SIMカード式のものは携帯電話回線と同じく使える量に制限があります。
しかし、広くて速い通信をパソコンやゲーム機などの他のwifi対応端末から利用できるメリットがあります。
また、MVNO業者が提供する格安SIMを使えば通常よりも安く通信することができます。

 

wimaxは一般家庭内でも利用されることを想定した通信で、通信できる量は無制限の場合が多いです。
このためとても気楽に利用できます。
最近では通信速度も速くなっているので、通常のwifiとあまり変わらないスピードで通信できます。

 

料金は一般的なプロバイダ料金と比べると安い場合が多いです。
通信環境は必要だけどあまり利用しないという人も、wimaxのルーターをひとつ持っておくだけで安心です。

 

このようにポケットwifiはより快適に通信を利用する上で必要なものになっています。
申し込みは簡単なのでぜひ利用してみてください。

固定通信代替となったポケットwifi

wifi機器が増えていることから、ゲーム機をプレイする際にもポケットwifiは活用されています。
正式にはモバイルwifiルーターですが、最初にヒットした商品名がPocket wifiだったことからポケットwifiがモバイルwifiルーター全般の呼び名として使われています。

 

携帯電話キャリア各社から販売されているポケットwifiの多くは、LTE通信網を利用したスマートフォンと同じ周波数帯を使ったデータ通信システムです。
このため、回線を極度に圧迫する使い方をするユーザーがいると全体の速度低下を招くため、ある程度厳しい規制が必要となります。

 

ポケットwifiの多くで月間7GBを超えた場合には、オプション費用を払って追加容量を購入しない限り最大0.128Mbpsまで通信速度を制限する厳しい規定が設けられています。

 

ポケットwifiを利用して月間7GB以上使うためには、高画質動画を毎日観るなどする必要があります。
全加入者のうち速度制限に達するユーザーの数は僅かです。

 

それでも月間通信容量に制限を掛けられることに異議を唱える人向けに、新たにAXGPとWimax2+を利用したポケットwifiが登場しています。
AXGPエリアはまだ整備途中のために都市部を除いてエリアが狭い現状があります。
オプションにより月間通信容量無制限となるため、住んでいる場所次第では候補に挙げられます

 

Wimax2+を利用したポケットwifiは、月間7GBプランと月間通信容量無制限プランの両方を用意しています。
想定外の大容量通信を繰り返す利用者のみ3日間で3GBの通信量を受ける可能性があります。

 

それでも他のポケットwifiに比べて6Mbps程度の速度制限となり緩い規制となります。
好みと利用方法に合わせてポケットwifiを選ぶと後悔を減らせます。