MENU

セキュリティ設定が重要なポケットwifi

ポケットwifiには、wifiルーターと基地局とのモバイル通信の両方の機能が備わっています。
そのためポケットwifiを利用すれば、場所を選ばずネット通信ができるメリットがあります。

 

これまで自宅やあるいは公衆無線LANなど限定的な場所でしか使えなかったデジタル機器が、どこへでも持ち歩いて通信環境をセッティングできます。
この利便性の高さから、ポケットwifiの利用者は急増しています。

 

ただしどこでも持ち運び利用できる利便性から、セキュリティ対策を意識しておかなければなりません。
無線でデータをやり取りするwifi通信には、情報漏洩のリスクが存在します。

 

無線で四方八方に通信データを送信している事から、部外者がデータを盗み見る可能性も否定はできません。
そこでポケットwifiを利用する際には、事前に行いたい必要なセキュリティ対策があります。

 

重要であるのは、wifiの通信データを暗号化する事です。
セキュリティ設定を行わない場合は通信データの暗号化がされておらず、リスクが大きいです。
そこでwifiの設定を見直し、暗号通信の設定を選ぶ必要があります

 

ポケットwifiで利用できる暗号化通信の方式には、WEPやWPAなどの方法を選ぶ選択肢があります。
新しい暗号化通信の方式であるほど、セキュリティ対策に効果が大きいです。
ただしポケットwifiの暗号化設定は専門用語も飛び交うため、作業に戸惑う場合もあります。

 

まずは機器固有のネットワーク名であるSSIDや暗号化キーの二つの数列を押さえておけば問題ありません
これらの数字の入力を誤るとポケットwifiと情報端末との通信状態が確立できないため、入力時の数字の再確認は念入りに行うのがポイントです。
"